枯露柿

原料柿には南アルプス市の弊社圃場で栽培した大和百目柿のみを使用。
叶屋の枯露柿(ころがき)は、独自の加工方法により、他にない甘味・色沢・風味に仕上がっております。

販売期間
12月上旬から2月下旬(無くなり次第終了)

11月上旬より予約受付を開始します。お歳暮シーズンはご注文が多く、商品をご用意できない場合もございます。

完全予約販売となります。購入ご希望の方はブログ閲覧をするための登録をお願いいたします。ブログ

◎山梨県より「やまなしGAP」の認証を受けました。
食品安全、労働環境、環境保全に配慮した「持続的な生産活動」を実践する個人、法人、生産団体に与えられます。

詳しくは山梨県庁HP GAPの推進についてをご覧下さい。

◎南アルプス市ふるさと○○博物館のブログ.にて
叶屋 枯露柿の歴史が紹介されています。

手塚光彰(3代前) 大和百目柿の発見。大正7年栽培を開始。
100年の大和百目柿
手塚光司(2代前) 昭和初期に初めて火力での乾燥方法を研究し完成。
昭和9年、西野にて枯露柿の『火力乾燥に成功す』